FC2ブログ
プロフィール

ookuwa3451

Author:ookuwa3451
   
山梨で 大鍬形採集してるオヤジです

セカンドブログ Yahooブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/
ookuwa3451

 

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20over & おチビな個体


11/07

しつこく

クリタケ求めオオクワ山へ (笑)


標高1000越えではもう終わった様なので
切り株群生地帯とその周辺で一株採取出来んかと
朝一から さ迷うのですが
その群生地帯はものの見事にヒコで覆われ
きのこの発生には適さない様であります
早々に退散し
ならば 付近の林でと ・・  突入

・・

何故?

なんで?

雑キノコのひとつさえ見つかりません

良い感じに朽ちた株等は ソコソコあるのにね ・・

湿度 陽当たり  風通し 樹層

好条件とは言い難くも 全く一本も無しッて ・・・

十時を回ると 朝方の低温が嘘のように上昇

暑い

オオクワ探索にチェンジしながらも
未練がましく クリタケ探し (笑)

ねぇ~~~~~~ 。゚(゚´Д`゚)゚。

不毛地帯の傍らに 昨年?チェックされた思われる
部分枯れが眼に入りました
上部はまだいけそうに見えたので
昇って チェックしましたが乾燥が激しい

オオクワの食痕がはっきり残っているものの
体勢の悪さと人様のオカマ堀(笑)

これ以上チェックする気にはなれず

見切る

材質的には昨シーズンはそこそこ良かったと
思われますので 相当数抜いて行かれたことでしょう

気温上昇で動き出したブヨ?系に
鼻を噛みつかれました
虫除けなど塗っていなかったので
うかつであった💦 痒い

オオクワも採りたいけんど
その前に クリ ・・
クリ ・・

ダメだ
この標高でも
終わってしまった様です

残念  ( ノД`)




ここは
オオクワポイントなので
材さえ 見つけられれば ・・

・・

カワラ材が何本かありました

存在感はさほどありませんが

一本目立つ立ち枯れに 斧数発

まだ早い感のある 菌体材に見えましたが

食痕登場

あと入りしたコクのチビを払いのけスライス

おっ!

確定痕!!

食痕に魅了されたハンターにとって
ドン!
と出た時は癒される瞬間ですよね ^ ^

勿論
私とて
皆様と同じ至福の時
・・
たまりません ^ ^
DSC05161 - コピー
DSC05163.jpg
DSC05165.jpg
DSC05167.jpg
                 見事にピンボケ(笑)
3令の 極太痕ですので
そこそこ幼虫ぐらいの大さだろうと想像し
下部に居座っていた幼虫を 咬ませ抜きし出した時

「オイオイ!」・・と
DSC05169.jpg
DSC05170.jpg
DSC05171.jpg
DSC05172.jpg
左1頭目痕 横から伸びる極太痕
DSC05173.jpg
DSC05176.jpg
DSC05177.jpg
 2頭目もデカイ!!

山補正

差し引いても 18gはあるだろう?



スケール持ってきてないので自宅で帰宅後測定




おっ



やっぱり






  


o(^▽^)o




DSC05190.jpg
DSC05219.jpg

もう1頭でた幼虫も双子のように ほぼ同サイズでありました

記憶だと 20overは 4回目

それも 双子?でって( ^ω^)・・・ 

食痕は極太系ですが 材もさほど太くありませんでしたし
3令確定痕の長さも 40㎝程 
隣から出たもう一頭も ほぼ同じ

材質? 血統? 親虫は?

余り興味なく追及などしん性格なので
多くは語りませんし 語れません (笑)
継続してれば こういう事もあるんだな ・・  と

もっとも INFINITY ∞ BLACK の皆様にすれば
過去山梨や他におけても 数多く採取されており
特筆的な出来事でないでしょう

 真のベテランの皆様はサラリと流す ^^

私と言えばタイトルにも使うし💦

自慢気に(笑)

息子二人に着火させようとLINEしましたが
二人とも採集熱はまだの様である ・・  ざ  ・・ 残念 (笑)



ここでは

その探索のみとし ムキ茸メインに沢沿いを歩き
DSC05192.jpg
こんな感じで群生していて 見つけたら量的にたいへんなことになります
ハイイロシメジの群生を発見
DSC05193.jpg
DSC05198.jpg
DSC05194.jpg
         ムキ茸
先週発見の城からも採ったりでした
肝心なムキ茸はごく僅かで ( ;∀;)
おやじさんが喜ぶシメジ狩りになってしまった 

持って行くと喜んで頂き 珈琲を薦められましたが
陽が短いこの時期なので

「本来の趣味の昆虫採取へ行きますんで」


「カミキリかい? ・・ あれも何十種類いて・・」

まったく喋り出したら止まらんオヤジさんなので
    適当な所で遮断んし(笑)

ポイントの林へと向かう

三年程前に見つけ 適度の材から数年後の材やらが乱立していて
「オオクワ天国か?」
と 思ったものの やっつけた何本かからはコクのみ
今シーズン良さげな最後の一本をチェックに行きました

昨シーズン 寄生キノコが芳しくなく程々に斧入れした材が
倒れそうに立っていたので グラグラと ・・
案の定 材質は良くなく長雨の影響か?過湿材でコクと思われる痕が何本も・・

コクと思っているので 雑にスライス割りすると 黒いものがポロリン
様子がおかしいのはすぐ判り 手に取ると 水分過多で逝ってしまっている

残り僅かな部分を丁寧にスライスしていると
おチビな個体が ・・
DSC05179.jpg
DSC05180.jpg
良かった 生きている

破片を丁寧に割って追加を期待したが出ず
木屑をどかしていると ♀が鎮座していた
DSC05182.jpg
DSC05183.jpg
知らぬ間にポロリンしていたようだ
DSC05185.jpg

ここまでの過湿材ですと 恐らくこの冬凍り付いて
★になっていただろう

材採否定派の方には到底理解不能でしょうが
「守ってやった」
そんな材でした
DSC05188.jpg
♂39  ♀33
メイン材は キノコ狩りの疲れと 薄暗い中での作業は
ミスを犯すので翌日とし
夜は満足なBeerで
一人🍻 乾杯 (笑)






翌日11-08



DSC05199.jpg
DSC05200.jpg
DSC05202.jpg
DSC05204.jpg
 
メインの今シーズンベスト材からは 3令一頭のみ出ました
硬い部分に可能性はまだあるものの
数年間追った林から 成果があったのだから
大満足でした



よし!   きのこ散策!!

ムキ茸散策に  ・・

・・

昨日と一緒です

相当やりましたが

ほんの少しの採取とハイイロシメジは沢山取れ

今日もおやじさんに喜んでもらいました

きのこももう終わりなんで おやじさんの演説を
聞いてやってたら ソコソコの時間に ・・・

残りの時間は オオクワ一本モードに switch
になりましたが
新材発見には至らず (´;ω;`)ウゥゥ

DSC05206.jpg
DSC05208.jpg
DSC05211.jpg
DSC05217.jpg
思いをよせた
一本から 3令一頭
もう一本から弱3令が一頭出た所で
薄暗くなりタイムアップ
DSC05218.jpg

今日もハイイロシメジは沢山採れましたが
狙いではなかったので満足に欠けました



でも


オオクワが採れたんで 良い二日間でしたね 
    
 
 o(^▽^)o




 今回も頑張って 書きました(笑)





       次も



       ね    ((^∀^*))




       
 













コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

fc2カウンターhttp://rpc.weblogs.com/RPC2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。